肥満予防と運動について

適度な運動は、肥満予防に効果的です。運動をしてカロリーの消費量を増やすことで、徐々に体重を減らすことができます。

運動をすることは、単にカロリーを減らす以外にも肥満の予防に役立つ作用があります。

運動によって筋力が増強されれば、代謝の高い体になれるのです。

代謝の高い状態とは、体内に蓄積されている脂肪が燃焼されてエネルギーになりやすい状態のことです。

人の体は、じっとしていてもエネルギーを使います。

つまり、体の基礎代謝が上がれば、必然的に1日の消費エネルギーが増えることになり、より太りにくい体質に変わるので、肥満予防に役立つのです。

毎日適度な運動をすることは、カロリー消費に役立つだけでなく、基礎代謝の高い体になることもできるので、肥満予防には運動がおすすめです。

肥満の予防に役立つ運動には、どんなものがあるのでしょうか。

肥満予防には、手軽にできて続ける事が簡単な運動にしたいものです。

お金に余裕がある人ならば、ジムや水泳など、お金のかかるところに行って運動するのもいいでしょう。

大変な思いをしてまで運動をしていると、結果的に続けれないということになります。

ダンベル、ウォーキング、エクササイズなど、軽い気持ちでコツコツと続けられるものがいいでしょう。

ちょっとした空き時間にできるような軽い運動をする習慣をつけることが、継続性を保つコツだといいます。

手軽にできる運動に体が慣れたら、だんだんと運動強度を上げていくことで、効果が高くなるでしょう。

運動する事に慣れて来たら、ジムや水泳なども良いかも知れません。決して毎日、運動する必要はありません。

目的が肥満予防であるなら、初めからきつい運動をしようとはせず、できる範囲でコツコツと続けましょう。

継続する事を優先して出来る運動を最低でも半年から1年くらい続ける事で、肥満の予防に役立つ運動になります。

ダイエットの停滞期中にすること

どのような対策をすれば、ダイエット中の停滞期を乗り切ることができるのでしょうか。

とくにダイエットの停滞期に入ったからといって、何かをしなければならないわけではありません。

ダイエットがうまくいっている証拠だといえるのが、停滞期というものです。

これまで通りの運動やカロリー制限を続けることが大事です。

今まで以上に、体重がなかなか減少しないからととカロリー制限をきつくしたり、もっと運動量をしたりするのはかえって良くありません。

ホメオスタシスの働きを最小限に留めるために、適度な食事制限と運動を続けましょう。

停滞期であることは分かっていても、順調に減っていた体重の減りが遅くなると、イライラしたり落ち着かなるものです。

ダイエットに影響をあたえることもある生活スタイルの変化や体調の悪化、旅行や飲み会などによる食事の変動などもあり得ます。

客観的な記録を、停滞期の間のさまざまな原因にダイエットの行方が影響されないようにつけておくことをおすすめします。

今が停滞期なのか、違うのかも毎日体重を記録することで明確になります。

いつか停滞期を乗り越えられることを信じて、自分のペースをダイエット中に停滞期に入ってもキープしましょう。

停滞期を乗り越えれば再び体重は減り始めますから、ダイエット成功まであと一息です。

ダイエットの停滞期とホメオスタシオス

どんな人でもダイエットを長い期間していると停滞期を経験するといいます。

停滞期というのは、順調に減っていた体重の減りがゆっくりになる時期です。

この時期増えるのが、ダイエットに対するやる気が、運動をさぼっているわけではなく、食事も我慢しているのに体重がなかなか減少しなくなるとなくなってしまう人たちです。

停滞期は、体がホメオスタシオスという体の防衛機能になって起こります。

体の状態を一定に保とうとする体の機能がホメオスタシオスで、ホメオスタシオスの働きで体温も周りの気温が下がっても一定に保持しようとするといいます。

ダイエットのために食事を減らすと、食事が減っても体重を保とうと、ホメオスタシオスは機能します。

摂取カロリーをできるだけ脂肪として蓄積しようとし、消費カロリーを減少させます。

摂取できる栄養が少なくなっても体調が変化しないように、必死に体が戦っている状態が、停滞期と呼ばれるものの特徴です。

停滞期がある程度の期間続くと、またダイエットが体が元に戻って順調にできるようになるといいます。

停滞期の期間は人によって差があり、2週間程度で終わる人もいれば、1カ月かかる人もいます。

停滞期とは健康な体に起こる当たり前の反応ですが、ダイエットにはマイナスになってしまいます。

停滞期を上手に乗り越えることで、ダイエットをやり遂げることができるでしょう。

むくみ解消による足やせダイエット

足のむくみを解消することによって、足やせダイエットの効果を得ることができるといいます。

脂肪太りだけが、足が太く見える要因ではないといいます。

水分や老廃物が蓄積して太く見える現象が、むくみというものです。

顔や手などにもむくみはおきますが、足はとくにむくみやすい部分だといえます。

原因はリンパの流れが悪くなり、不要な水分や老廃物が流れてかなくなることです。

塩分の摂り過ぎや、足の血流を悪くするような締め付ける靴をはいていたり、1日じゅう同じ姿勢をしていたりすると起こりやすくなるのがむくみです。

足やせダイエットのためにむくみを取り除くには、まず水分を十分に摂取することです。

カフェインを含む、コーヒーや緑茶などはやめたほうが良いでしょう。

しっかりとむくみのある部分をもみほぐして足やせを細くしましょう。

下から上にかけてじっくりと、ふくらはぎや太ももをマッサージすると良いでしょう。

足やせダイエット効果を冷え症がある人が得たい場合には、足のつけ根にある大きな血管を温かくするのがおすすめです。

元々は細い足なのに、むくみのせいで太って見えてはもったいない話です。

極端な食事制限をダイエットのために行い、血流がそのせいで悪化してむくみがますますひどくなることもあるといいます。

引き締まった足になるために、むくみを解消する足やせダイエットに取り組んでみてください。

骨盤を見直して足やせダイエットをする

自分の足がどうして太っているのか、ダイエットで足やせをする前に考えてみたほうが良いでしょう。

人によって下半身太りの要因は異なるものなので、複雑なものから多少のことまでさまざまなことが原因となっいます。

多くの場合は、普段の生活習慣がその要因となっているといいます。

食事制限や毎日のエクササイズを熱心に行っていても、足やせダイエット効果がなかなか出ないという人がいます。

この場合考えられるのが、骨盤の歪みやズレが関係していることです。

片側に重心を置く姿勢や、重いものを肩にかける行為などが体の歪みに関わっています。

下半身太りに骨盤の歪みが関連しているのであれば、姿勢を正すことをはじめに実行してみましょう。

下腹が出てしまい、お尻が下がってくるのは骨盤が傾いていることが原因です。

まずは骨盤を中心に据えて良い姿勢をキープすることが、足やせをダイエットのためには大事だといえます。

骨盤を正しい位置に戻すことで足やせダイエットを行う方法は、体に無理をかけず、本来あるべき姿になるというものです。

体型を改善するのにも効果的で、リバウンドの心配も無用だといえます。

ダイエットでの足やせを目指す場合は、骨盤の状態を確認することから始めてみてください。

セルライトを除去して足やせダイエット

足やせをしたくてダイエットをする人がたくさんいるといいます。

運動をしたり、食事制限をしたりして足やせを目指しているのですが、太もものセルライトを解消するにはこの方法では不可能だといいます。

脂肪細胞が老廃物と絡み合ってできる複合的な組織がセルライトというもので、皮下脂肪がたくさんある太ももなどどにできるものです。

表面はオレンジの皮のようにでこぼこした状態になるため、オレンジピールともいいます。

ダイエットをしても、セルライトの部分は体液の流れが良くない部分なので代謝がアップせず、脂肪燃焼が難しいといいます。

太っている人だけでなく、痩せている人でもセルライトは見られます。

脂肪層はセルライトができるとどんどん分厚くなるので、なかなかダイエットすることができません。

セルライト対策をしなければ、足やせはうまくいかないといえるでしょう。

エステや美容クリニックでのセルライト除去マッサージや美容施術が、一般的なセルライト解消の方法だといえるのではないでしょうか。

家庭でもできるセルライト対策はあります。

エステほど劇的な効果は期待できませんが、足やせダイエットのためにコツコツと実践していくことが大事です。

マッサージやエクササイズでセルライトの代謝を促進することが大切です。

ポイントは、果物を摂り、水分をなるべく摂取ること、ストレスをあまりためないことも大事なことです。

足やせにいいことを1つ1つ実践していって、ダイエットを成功させたいものです。